タグ:絵本 ( 55 ) タグの人気記事

絵本 ぼくからみると・・・

日本のWendy先生から頂いた本の中にあった、 「ぼくからみると」
と言う絵本を中学生の日本語初級で使ってみようとおもう。

この絵本は、色々な物が、色々の人の視点で、目線で描かれている一冊。

f0178525_231688.jpg



たとえば、池にすむかえるから見た池、

自転車に乗っている少年の目線からの池、

大空を飛んでいる鷲からみた池

などなど

森の中のある「池」をまったく違う角度から見ているように、それぞれ描かれている

ぼくからみたら、from my eyes, from my perspective..

考えを物理的に視覚的に見えるものの説明から、自分のものごとへの視点、考え方まだ、引っ張ってくるというのが今回の狙いにしていくつもり
f0178525_243836.jpg


日本の祝日「敬老の日」も近いことから ちょうどよく、家の人形棚にあった、この老父夫婦の
お人形をもっていっていくことにした。
f0178525_242589.jpg


絵本の後、これを実際に真ん中におき、それぞれが視覚的に見えることをまず、説明してもらい、それから、この老夫婦はどんなことを思っているのだろう??と
生徒それぞれの考えを促してみようとおもう。


f0178525_241320.jpg




それにしても、なんだか、この人形、自分の両親とだぶる・・・

f0178525_24021.jpg


父は僧侶なので羽織こそきませんが、いつも着物、また、母も日常的に和装の人でしたので・・)
[PR]
by naoko-ohana | 2010-09-20 02:07 | 絵本と文庫

おむすび権米衛 岩井社長さん


岩井健次さん

おむすび権米衛の社長さんとお会いする機会がありました。

好奇心旺盛で、熱く、真っ黒に日焼けした、(ハワイでお会いしたことしかないので・・・)やさしいまなざしが印象的な方でした。

もと商社マンだった岩井さん。軍人さんだったお父様の教えから「日本のためになることを・・自分でなにができるか」という思いが現在に至るとお聞きしました。

起業後はノウハウを学ぶために、フランチャイズ業界で最初の4,5年過ごし、食糧管理法改正により、コメの流通が自由化されたころ、現在の事業を始められました。

環境保全型農業の推進、日本の食糧自給率の向上を会社の理念にし、愛情たっぷりのおむすびを提供しているおむすび権米衛。

なぜ、「おにぎり」ではなく 「おむすび」なの? というのが私の最初の疑問でした。
岩井さんにお聞きした所、「ただ握るのではなく、手でむすぶ、お米を一粒一粒結ぶのです」とおっしゃっていました。

お母さんの手で、まだ熱々の炊きたてのご飯を、ふっ、ふっ としながら、愛情と心をいれて、外はぎゅっ、中はふわ~とした出来上がりのものが、「おむすび」なのでしょう。

機械化が進んだいまでも、手塩にかけ育てられた食材をつかい、愛情たっぷりのおむすびをつくるのは「人の手」、そして、手渡しすることで、人と人がつながる・・・それがおむすび権米衛のおむすびなのでしょう。

f0178525_2565245.jpg

7年生がむすびました!



岩井さんとお話をさせていただき、自分のルーツを日本人としてのあり方を再確認した私です。 
056.gif056.gifここからはちょっと余談になりますが・・・

ハワイの学校で日本語指導に関わっている私としては、「おむすびつくり」は欠かせません。


おにぎり (幼児絵本シリーズ)

平山 英三 / 福音館書店

056.gif056.gif056.gif

そして、そのなかで、必ず教えることがあります。
「日本人と米」の関係です。

私の知る所によると、古代の日本人は、天地万物を産みなす 霊妙なる神霊=「産霊(ムスビと読む)の神」を信仰し、あがめた。 人々は、 お米は尊く、気高いものとして、神様へのお供物としてごはんを握り捧げていた、 という。 古式の握りごはんは、いまの「おはぎ」のような丸い球のような形 だったという。
そして時代は下がって室町時代に入ると、「むすび」は宮中の女官たちが使う 〝女房ことば〟になり、次第に一般にも定着してきたのだという。
一方、武士の携行食としても発達した握りめしが、やはり「お」がつく女性語に変化 して定着し、「おにぎり」と呼ばれるようになった。

とありました。 日本人には欠かせない食べ物、神が宿る食べ物なのだ、ということを必ず教えます。

「お米一粒に7人の神が宿る・・・今日はこれに、先生が加わるからこのお米一粒には8人の心がはいっているのよ~。また、お米が収穫できるまでには、この米と言う漢字の通り八十八の行程があるのです。 だから、一粒一粒、残さず、きれいに食べましょう・・・」 と、ことしも、おむすびのレッスンは続きます。
[PR]
by naoko-ohana | 2010-08-13 02:48 | 日々徒然に

ハワイおはな文庫第17回目おはなし会おわりました

2月は津波騒ぎで中止となりましたが、今月は予定どおり、おはなし会を開くことができました。

今月は静岡から文庫仲間、英語仲間のJoyさん 一家が短い滞在にも関わらず、遊びに来てくださいました。
f0178525_3314430.jpg
 

また、もう一組、大阪からたまたま遊びに来ていた尚子さん親子も一緒に遊びました。

          

また、今回初めてという弥生さんも参加くださいました。子供達への読み聞かせは、そのときのペースで進みますが、不思議とバランスよく、色々な絵本を引っ張り出してくれます。

英語、日本語とあえて意識せずに、楽しむことができたのではないでしょうか?

結局子供達は外遊び、大人はお茶・・・をして12時過ぎまですごしました。

Joyさんの3番目の8ヶ月の愛ちゃんを抱っこし、一人で楽しみました。可愛いね~~赤ちゃん。。。孫の域です。

お昼寝でも・・と思うような空間ですので、子供がいない人も、どうぞお越し下さい。

これから、少しずつお母さん達にも絵本を読んでもらいたいとおもいますので

どうぞよろしくお願いいたします。
f0178525_3334470.jpg


4月9日、金曜日 Kahala で 家庭で出来る言語教育のワークショップ第三弾

『継承していくもの』  があります。参加希望の方はメッセージくださいね。


次回は4月17日です。

f0178525_3333275.jpg

[PR]
by naoko-ohana | 2010-03-22 03:34 | 絵本と文庫

第16回おはな文庫 おはなし会

1月16日 第16回おはな文庫 おはなし会が ホノルルのホノルルワルドルフスクールで行われました。

この日は少し涼しい朝でしたが、時間が立つと共にハワイらしい暖かさがもどり、静かな週末の学校の一戸建てのお部屋で、なんとなく、絵本の読み聞かせが始まりました。


この会場になってからは、お母さん達も子供達を安全な環境で遊ばせながら、和気藹々とのんびりと話に興じることができる、時間と空間があり、土曜の一時、心身ともにゆっくりと過ごせるようです。

さあ、絵本、さあアクティビティー、これも、あれも・・・・という時間配分もなければ、

終わりの時間に追われることもなく、そのときに集まった子供達の流れにまかせていくことができます。

文庫は家庭の延長でありたいと思います。

今回も、子供達が選んだ絵本を次から次とよみました。 (もちろん、10数冊選んで持っていくのは私ですが・・・)

今回、とても興味深く、読んだのは、

新美南吉作  「手ぶくろを買いに」  でした。

暖かい貿易風が吹くこのハワイで、寒い雪原に住む、きつねの親子の暖かいお話でした。

この絵本は、雪体験のない子供達にとって、一瞬ではありましたが、 冷たい雪、寒い雪の体験も
十分できました。

小さな体で寒さと闘いながらも、暖かいお母さんの思いをしっかりとかんじるところはどこの国の子供たちにとっても、体験できる瞬間です。 子供のきつねになりきって、人間に出会う時のドキドキ感、
お母さんの思いをかんじることができたこととおもいます。


次は今月、2月27日です。時間は9:30~

お茶の用意をしますので、なにか簡単でも口に入るものがありましたら、お持ち下さい。


それでは、27日、大きな木の下で、おあいしましょう~~~!!
[PR]
by naoko-ohana | 2010-02-15 03:27 | 絵本と文庫

日本語の授業の中の英語落語

“Once a Mouse…” by Marcia Brown 英語版
A Fable of India

先日、日本語初級、7,8年生のクラスで、読みました。
このお話、もともとはインドの首長が、自分の息子に王としての指導をするために集めた動物の民話のひとつ。
かつて小さなネズミがカラスに襲われ傷ついたところを、ある老人に助けられます。そのネズミ、猫に襲われそうになると、猫に化け、犬に襲われそうになり犬に化け、最後には森の誰もが恐れる虎に化けてしまうのです。そして自慢げに動物たちの前を歩くのです。ある日そのトラは老人が、かつて自分がネズミだったことをしゃべってしまうのではないかと思うようになり、殺してしまおうと考えます。でも老人はトラの考えに気づき、トラをもとのネズミに戻してしまいます。『大きいとか、小さいとか、そんなことが一番大切なのか!』

日本語クラスなのですが、日本語学習暦が浅いこのグループには時々、英語の絵本を読むこともあります。もちろん、日本の絵本は日本語で読むようにしています。
母語で聞くことにより、生徒達のストーリーの理解度も良く、その後どんなアクティビティーをするかにより、読み聞かせの時間短縮につながりますし、使われている名詞や動詞や情景などを正確な共通理解が得れるという利点があります。

読んだ後のアクティビティー
Day 1☆単語カード作り
カードにインプットしたい言葉を書き入れる。半分の単語は英語で、残りは日本語で書いておく。
4,5人人グループで、英語が書かれたカードは日本語を書きいれ、日本語のものには英語を書き入れる。英語と日本語が書かれた単語カードができます。
インドを地図で確認。

Day 2、3 
Q&A
紙に、質問を書く。質問は細長い紙に一問づつ書く。
Q1 このおはなしはどこのお話ですか?
      (インドのお話です)
Q2インドのどんなところのお話ですか?
      (インドの森のなかのお話です)
などなど、約10問くらい作る。

全部答え終わったら、質問と答えをノートに書かせる。
この時点で、質問の答え方のパターンがあることに気付かせる。

Day 4
自分でお話を書く。
宿題で、短いストーリを考えてこさせる。(英語で8文くらい
)Q&Aにつかった質問をそのまま、または少しアレンジして、考えてきたストーリーの内容で答えさせる。
解らない言葉や表現は「~~は日本語でなんですか」 と、先生に聞くように仕向ける。

Day 5、6
答えを先生がチェック。

絵日記の紙を配り、下半分にストーリー上に絵を描かせる。生徒によっては、3こま、4こま漫画のように描いていた子もいました。

Day 7
読みの練習をして、クラスの前でプレゼンテーションします。もちろん、暗記してもらおうと思っています。

毎日、45分レッスンのなかの、15分はこの絵本に当てています。来週はプレゼンテーションが聞けるかな・・・
[PR]
by naoko-ohana | 2010-02-04 03:13 | シュタイナー学校

おはな文庫第15回目おはなし会

2月12日 土曜日、 ホノルルマラソンの前日、バイリンガル文庫 おはな文庫の15回目の
お話会がホノルルワルドルフスクールで行われました。

一応9時開始ですが、この辺はハワイアンタイムでゆっくり。

今回は今年最後と言うことで、ポットラックをかねたお話会でした。

今までは、絵本のほかにアクティビティーも少しやっていましたが、今は、絵本の読み聞かせ後は思い思いの時間を過ごしてもらうことにしました。

学校で使わせていただいている部屋には、使い込んだ、おもちゃがあります。
また、校庭は全部おはな文庫のもの・・・・大きな木の下で、遊具であそんだり、ひんやりとした芝生をはだしで走り回ったり、木のぼりをしたり、思い思いの遊びの時間となりました。

今回は大人だけの参加もあり、カナダに留学中の高校生や大学生、モロカイ島から飛行機にのってきてくれた方いて、さらに盛り上がりました。
それぞれ、参加目的はちがうものの、文庫活動は絵本を中心とした集いの場だとおもっていますので、とてもよいことだとおもいます。

大人も、こどもも、のんびりくつろぎ、絵本に興じ、話に花をさかせ、楽しい一時でした。

新年は1月16日です。
[PR]
by naoko-ohana | 2009-12-13 03:46 | 絵本と文庫

おはな文庫 第14回おはなし会


f0178525_3595924.jpg



11月21日 ハワイバイリンガル文庫 おはな文庫 の第14回目のおはなし会が
ホノルル ワルドルフ スクールで行われました。
f0178525_434986.jpg




f0178525_4343149.jpg


念願のお部屋で、のんびり、ゆったりと絵本を読んだ後、子ども達、(お母さん達も)外にでて、
大きな木に抱かれ、それぞれ、思い思いの遊びを楽しみました。

絵本の力は偉大ですが、それを更に上回るような、空間があるということは幸せなことです。

そして、そんな恵まれた環境の中で、英語と日本語の絵本を二つの違う言語という概念はまるでないように、じっと聞こえてくる言葉に耳を傾ける子ども達の姿がありました。


心に届いている言語は子ども達にとってはひとつなのでしょうか・・・

次回は12月12日土曜日9時からです。ポットラックもする予定です。

f0178525_412246.jpg


文庫で読んだ絵本:

ふしぎなたまご

なにをたべてきたの

どうながのプレッセル

Row Row Row Your Boat

Red Leaf, Yellow Leaf

f0178525_41324.jpg

[PR]
by naoko-ohana | 2009-11-24 03:58 | 絵本と文庫

Kahala Learning Center

この11月、開設する、カハラ・ラーニング・センター におけるプログラムのひとつです。

KLCのチラシから・・・

親子・キッズ・バイリンガル・クラス

小さな子供たちは、自ら、生きる力を持っている『小さな種』です。
小さな種が十分大きく育つように、見守り、時に手を差し伸べるのが大人の役割、家庭の役割ではないでしょうか。KLCでは、その役割の素地を作るお手伝いを致します。海外において、多文化、他言語の環境の中ですくすくと育っていくことが出来るように、様々な角度からサポートしていくことができればと考えます。ご家庭の延長であるKLCの学びは、日英の絵本の読み聞かせや、日本古来のわらべ歌、欧米の伝統文化であるナーセリーライムを楽しみながら、子供達のリタラシー(読み書きの能力)の土台つくりをしていきます。

私は絵本の読みきかせを通して、子供達やお母さん達と楽しめるのが一番の楽しみです。
英語の絵本は英語で、日本語の絵本は日本語で読み聞かせることができるのはハワイならではでしょうか。


教室はまだ、某私塾の部屋を間借りするのですが、焦らず、少しずつ、確実に地域の中で根付いていけたらと思います。
[PR]
by naoko-ohana | 2009-10-28 01:37 | 文化、言語教育

子どもを引き込む絵本

Pancakes for Breakfast

Tomie dePaola / Sandpiper



Pancakes, Pancakes!

Eric Carle / Aladdin Paperbacks



The Very Busy Spider

Eric Carle / Philomel



Guess How Much I Love You

Sam McBratney / Candlewick




Love You Forever

Robert N. Munsch / Firefly Books Ltd (J)


[PR]
by naoko-ohana | 2009-06-23 02:49 | 絵本と文庫

第12回ハワイおはな文庫おはなし会


 056.gif056.gif067.gif067.gif067.gif


024.gifハワイおはな文庫はまもなく1歳になります。



蔵書も増え、現在は多分、500冊はあるでしょう!

f0178525_5261838.jpg



日本語と英語の絵本があります

f0178525_5263956.jpg


ぼちぼち、図書整理を終え、貸し出しが出来るように
します。

お楽しみに。




おはな文庫 第12回 おはなし会 & ピクニック & 話し合い(本の貸し出し、来年度に向けての連絡)
6月17日 (第3水曜日)、10:30~

ヌアヌにあるハワイ曹洞宗別院、YBA道場にておはなし会を行います。

絵本の読み聞かせの後、羊毛で、フェルトボールを作ります。ちょっぴり、ぬれるかもしれませんので、お着替えをお持ち下さい。

おはなし会終了後、お時間のある方はお寺のお庭でピクニックをしませんか。自由参加です。

ポットラックではなく、各自お弁当持参してください。



★材料費:一家族 2ドル

★持ち物:タオル(ぬれた羊毛を絞ります)
[PR]
by naoko-ohana | 2009-06-06 05:28 | 絵本と文庫


Welcome! to my ohana


by naoko-ohana

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Welcome
日々徒然に
北カリフォルニア
ハワイ
文化、言語教育
シュタイナー学校
絵本と文庫
食べもの

タグ

(130)
(77)
(60)
(55)
(55)
(48)
(47)
(43)
(33)
(30)

最新の記事

Ready for summ..
at 2011-07-15 01:02
日本滞在記
at 2011-07-09 08:01
久しぶりの日記更新・・・人生..
at 2011-07-01 00:42
「時代遅れ名教育方針」
at 2011-05-15 08:50
Holiday ~Hawai..
at 2011-05-11 04:38

メモ帳

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
ほんの木 柴田敬三の「集...
英国からのヒーリング便り
競争のない教育と子育てを...
Cafe Bleu @ ...
私を知る/シュタイナー思...
DOWN TO EARTH 
なまけものってすごい.....
うおぬまの毎日♪ Exp...
Kayo in England
ハワイ Mother N...
いずみの学校 高等学園通信
いまのところWALES
ことばの広場
831cafe
※おいしいかどうかは保障...
DTE
ハッピーハワイ
バーミンガム素描 ~Oh...
BRIDGE いずみの学...
Drothy in th...
子育てって大変?シュタイ...
ペれほぬあめあハワイ島プ...
TEENAGE CHEF
便利屋日記

以前の記事

2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧