タグ:思い出 ( 43 ) タグの人気記事

Holiday ~Hawaiian Style~

f0178525_4432549.jpg



f0178525_254451.jpgf0178525_252093.jpg














f0178525_444960.jpg


f0178525_444161.jpg


f0178525_4442284.jpg


f0178525_27124.jpg












f0178525_4442699.jpg


f0178525_4443091.jpg


f0178525_4443494.jpg

f0178525_28117.jpg
f0178525_273790.jpg





f0178525_4443718.jpg

[PR]
by naoko-ohana | 2011-05-11 04:38 | ハワイ

サンフランシスコ

f0178525_1226207.jpg


f0178525_12512593.jpg


f0178525_12553139.jpg


ホテルの部屋に入ると、ガラスの瓶に入れられた黄色いスイセンの花の束が飾られていた。久しぶりに見た春の花だ。Jayが私を迎えに来るときに朝、庭から取ってきてくれたのだ。無造作に投げ入れられた、大きな、鮮やかな黄色い花は元気がでる。そして、生まれ育った土地でも、スイセンは春を告げる花として、私には特別だ。

サンフランシスコ一日目 今日は雨。春の雨にしては冷たい雨だ。朝はレジェン美術館(Legion of Honor Museum)へ行った。

夜はサンフランシスコシンフォニーのMass in B minorを聴いた。しかもこのたびはサンフランシスコシンフォニーコーラスのフルコーラス付であった。コンサートは8時からであったが、7時から今回のピースについてのレクチャーもあるということだったのでそれから聴くことにした。このために慎重した黒いワンピースを着て、出かけた。

その前に、Jayの行きつけのタイ料理レストランで、軽く食事した。サンフランシスコはさまざまな国の味を堪能できるし、ハワイよりもその質は高い。Davies シンフォニーホールはすばらしい会場。席は一階席の真ん中より少し前側、とてもよい席だった。開演前やインターミッション中には盛装した人々がワイングラスを片手に歓談していた。ちょっとまた、日本の観劇の風景と同じようなものなのかもしれない。おのぼりさん的な人は見かけない、それとも、どんなときにでも、自分なりに楽しむことができるのがアメリカの人たちなのかもしれない。

二日目、朝、今日は土曜日で、ファーマーズマーケットがあるというので、朝のうちに出かけることにした。ホテルから散歩がてらぶらぶらと出かける。お天気はわるかったけれど、ぬれる事もなく、買い物を済ませ、朝ごはんにデイニッシュと温かいラテを海を眺めながら食べた。時間に追われることなくのんびりとした朝だ。
f0178525_1252412.jpg
f0178525_12515812.jpg


Jayの弟がサンフランシスコ郊外でワイナリーを経営しているので、ドライブがてらでかけることにした。ちょうどこの日は、ワイナリーでワインテースティングの催し物があるという。
ワイナリーの名前はSATORI。何と日本的なことか! Jayの弟家族の名前の始めを合わせて、さらに日本語の意味の悟りをもじったのだという。

f0178525_12351496.jpg

f0178525_1235396.jpg


ファーマーズマーケットでおみやげに、パン数種とアスパラガス、チャードなどの野菜を購入。
彼の家族は何の面識もない私を温かく迎え入れてくれ、お土産にこのセラーの一番押しのワインを2本くれた。私はアルコールはほとんど飲めないので、このときばかりはとても残念に思った。

f0178525_12321248.jpg


この日は、サンフランシスコバレエによる、コッペリアをオペラハウスで観た。シンフォニーもさることながら、バレエ鑑賞に来ている人たちの服装はとても華やかで、素敵だった。コッペリアは愉快なバレイで、スッカリと魅了された。こんなにゆっくりと楽しんだのは久しぶり。

サンフランシスコは大嵐。。。私はワンピースを着るのをあきらめ、パンツをはいていったが・・・・会場近くの駐車場へ行くだけで、濡れ鼠のように、びっしょりぬれた。雨だけではなく、大風。横殴りの雨は避けることもできずに、傘も壊れた。ここまでひどいと、笑える。。思い切って濡れホテルへいそぎ、あったかいお風呂に飛び込んだ。


常夏のハワイから来るとサンフランシスコの冷たい空気が肌に心地よい。久々にセーターやコートを引っ張り出して、わくわくした。雪国育ちの私にとっては寒くてもびしょびしょになることがない冬なんて憧れものだ。ちょっとお日様が雲の間から顔をだしたときの心地よさは 思わず笑みがこぼれる。
Legion 美術館もすばらしかったし、アンティークモールも古きよきアメリカ満載で楽しかった。
3日目の午後、ゴールデンゲートブリッジを通り、サンフランシスコをあとに、カリフォルニアを北に向かった。
f0178525_1253596.jpg
f0178525_12532294.jpg

[PR]
by naoko-ohana | 2011-05-08 12:36 | 日々徒然に

Honolulu Waldorf School Winter Performance @ kahala mall

毎週 週替わりでホノルル市内の高校のバンド演奏がカハラモールで開かれます。今週はうちの学校!


f0178525_10435433.jpg


f0178525_10435862.jpg


f0178525_1044273.jpg

[PR]
by naoko-ohana | 2010-12-17 10:40 | シュタイナー学校

flowers

f0178525_3431969.jpg


f0178525_3432484.jpg


f0178525_3432783.jpg


f0178525_3433114.jpg


f0178525_3433541.jpg

[PR]
by naoko-ohana | 2010-12-14 03:40 | 日々徒然に

ハワイアン カラー

f0178525_147258.jpg


f0178525_147307.jpg


f0178525_1473328.jpg


f0178525_1473747.jpg

[PR]
by naoko-ohana | 2010-12-12 01:42 | ハワイ

Makapuu Light House hike

11月末

友だちに誘われてハイキングに行った

大人になって、ただ、自分が楽しむために、ハイキング! と、準備をして行ったのは初めてのことだった

そのために、トレッキング用の靴、靴下、帽子も買った

トレッキング用の靴を前日、家で足慣らしに履いたら、あまりのゴツさで、両足がお互いふれあい、引っかかって転びそうになった




大丈夫か・・・と一瞬おもったけれど、気軽に行けるコースと聞き、気を取り直した

ハイキングは、家から車で15分くらいのところで、オワフ島の東の突端。灯台があるところだ。
目指せ、灯台。

f0178525_0405382.jpg

乳母車を押して走る人もいるくらいだから、散歩がてら登ることもできる。3kmくらいのコースだった。
コースは舗装されていて、難なく歩けるが、慣れている友人は、ストックも持たせてくれ、ところどころ
コースをはずれ、岩肌を登っていく。
f0178525_0411715.jpg

海は青く、風はやさしく、日差しもさほど強くなく絶好のハイキング日和だった。

そして、友だちの心配もよそに、足取りも軽く上れた私は大満足だった。
f0178525_0423861.jpg

”so you are a mountain goat in nature"

生まれながらにヤギだよね・・・・ と、言われ。 そうかも・・・と思った。
f0178525_042773.jpg

こんなところで山育ちであることに気付くなんて・・・・
f0178525_0413868.jpg


次はどこへ連れて行ってくれるかな・・・
[PR]
by naoko-ohana | 2010-11-28 00:29 | ハワイ

蛍の思い出


MIXI のマイミクのマイミクさんのところで蛍の映像を見た。

忘れていた日本の夏だった。

新潟魚沼のお寺は、山手に(山の中・・?)にあり、湧き水がいたるところで湧いていた。
駐車場の脇に、わさびが元気に育っていたし、お寺の参堂のところには、沢蟹がいて、
子供達の遊び相手だった。

裏の池には、天然記念物のモリアオガエルがあわわ・・としている卵をたくさん産み付けていて
抹茶をかけたようなすがたでコロコロと鳴くのが可愛かった。

また、実家のお寺も、山の際にあり、お寺の裏山は山菜の宝庫でもあった。


湧き水のため、池の水温が低すぎて鯉が飼えず、にじます、はや、など川魚をかっていた。
そんな池の一つに、父はたくさんのカワニナを飼っていた。

カワニナは蛍の幼虫のえさとなる。蛍がたくさん育つように、父はカワニナをたくさん増やしていた。

その成果があり、蛍の時期、6月の終わりから7月になると、お寺の裏は大きな源氏蛍、小ぶりの平家蛍が
飛び交っていた。

蛍狩り・・・にいかなくても、網戸に張り付いていたり、お寺の中にも飛んできた。

私は、その蛍を捕まえ、大きなガラスのビンにいれ、蛍草・・と教わった、アスパラガスの葉っぱをたくさんいれ
霧吹きで水をたっぷりと草にかけ蛍をビンにいれた。

ほっ~ほっ~ほ~た~る こい・・・・


それを、ベッドサイドに置いて、蛍の放つやさしい光と一緒に寝たものだった。


蛍は成虫になると、水だけでいい、と父に教わった。
自然では、4,5日の命らしいが、きれいな水と、葉っぱを毎日とりかえてあげると一週間は
ぴかん、ぴかん、と輝いてくれる。

懐かしい、田舎の思い出だ。

ハワイには蛍はいないし・・・いても、・・んんんん・・・ちょっと違う・・・。
[PR]
by naoko-ohana | 2010-09-05 08:14 | 日々徒然に

薬物分析 承諾書


Consent for release of information and drug analysis for a minor

という用紙が学校から新学期に渡される。

学校側が生徒に対して、なにかおかしいと思ったときに、薬物分析を許可し、またそれに関する情報を提供する、ということへの本人、親がサインをする承諾書である。

日本でも、未成年者の薬物使用は増えているはずだけれども、ここまでする学校はあるのだろうか?

来週は高等科の2泊3日のテントキャンプ。もちろん、携帯や電子機器は一切持ち込み禁止。 ドラッグももちろん所持して言い訳がない。

ドラッグに関して、公立高校や他の大きな私立ほどの問題は無いにしても、ドラッグの問題が無いわけではない。

キャンプなど、日頃の生活から離れ、ストレス発散する時間であり、仲間で盛り上がる時間でもあり、多感な若者達、何があるかわからない。何も無くて儲けもの・・・なのかもしれない。

どんなに意識が高くても、どんなに真面目でも、色々な条件が重なれば、誰だって迷うことがあるだろう。

学校側としては、色々な場面を想定して、対応していかなければならないし、生徒たちのも、この承諾書にサインをすることで、気持ちを新たにしてもらいたいものです。

生徒達には良い思いで作りになることを願っています。

私は・・・キャンプ・・・ちょっと、久しぶりなので、心配・・・・しかもテント、寝袋・・・


眠れるかな・・・・アイフォンいじれないね、きっと。
[PR]
by naoko-ohana | 2010-09-05 07:37 | シュタイナー学校

縁があるということ


先日、久しぶりに会った人がいる。 

連絡を貰ったとき、携帯にでてきた、その人の名前すら、一瞬見覚えがない気さえした。


でも、その次の瞬間、「縁」がある、ということは、こういうことね・・・。 と思った。


その人と会うのはこれで2度目。

初めて会ったときに、なぜかその人の電話番号を登録した。わたしはめったに、初対面の人の番号は登録しないにもかかわらず、その人の番号はしっかり登録した。

時間が流れ、登録したこと、その人のことさえ忘れていた・・・。

そして、再会。

戸惑ったのは一瞬で、楽しい会話が続いた。 まるで、昔から知っていた友人のように、なんでも
話ができた。

縁があるってこういうことね・・・とまた思った。

「かなりずうずうしいかも・・・」と思いながらも、ざっくばらんにいろんなことを質問した。
その人は、丁寧に一つ一つ答えてくれた。そして、わたしもまた、色々なことを話た。

時間はあっという間にながれた。

久しぶりに、同じ空気を感じることができる人だった。 同じ方向を見ることができる人だった。

次はいつ会えるのだろうか? 今度会うことがあったら、どういう風に感じるのだろう・・・。


楽しみ♪♪
[PR]
by naoko-ohana | 2010-08-19 03:30 | 日々徒然に

Rose Ceremony

8月17日 火曜日

今日はローズセレモニーでした。
f0178525_1585356.jpg

シュタイナー学校での入学式のようなもので、12年生(最終学年)が新しい一年生一人一人にバラを一輪渡しながら、これから12年間過ごす学び舎へ歓迎する。

一年生と12年生、比較してみると、人間の進化を見ている様で楽しい。
f0178525_1582671.jpg

「12年でこんなに大きく、体も心も成長するものなんだ」と毎年、思う。

来年5月には、ちょっぴり大きくなったその一年生達が、旅立つ12年生へ、バラ一輪渡す・・・・。

1年生と12年生、それぞれ、人生の節目にあたり、新しい世界へ向けてお互いに門出を祝う・・。
f0178525_158110.jpg

[PR]
by naoko-ohana | 2010-08-19 01:59 | シュタイナー学校


Welcome! to my ohana


by naoko-ohana

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Welcome
日々徒然に
北カリフォルニア
ハワイ
文化、言語教育
シュタイナー学校
絵本と文庫
食べもの

タグ

(130)
(77)
(60)
(55)
(55)
(48)
(47)
(43)
(33)
(30)

最新の記事

Ready for summ..
at 2011-07-15 01:02
日本滞在記
at 2011-07-09 08:01
久しぶりの日記更新・・・人生..
at 2011-07-01 00:42
「時代遅れ名教育方針」
at 2011-05-15 08:50
Holiday ~Hawai..
at 2011-05-11 04:38

メモ帳

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
ほんの木 柴田敬三の「集...
英国からのヒーリング便り
競争のない教育と子育てを...
Cafe Bleu @ ...
私を知る/シュタイナー思...
DOWN TO EARTH 
なまけものってすごい.....
うおぬまの毎日♪ Exp...
Kayo in England
ハワイ Mother N...
いずみの学校 高等学園通信
いまのところWALES
ことばの広場
831cafe
※おいしいかどうかは保障...
DTE
ハッピーハワイ
バーミンガム素描 ~Oh...
BRIDGE いずみの学...
Drothy in th...
子育てって大変?シュタイ...
ペれほぬあめあハワイ島プ...
TEENAGE CHEF
便利屋日記

以前の記事

2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧