タグ:シュタイナー学校 ( 77 ) タグの人気記事

The Seven Rules of the Toddler


Know your child!

I found this writing in our early childhood room.


1. If I like it, it is mine.

2. If it is in my hands, it is mine.

3. If I can take it from you, it is mine.

4. If I had it a little while ago, it is mine.

5. If it is mine, it must never appear to be yours in any way.

6. If I am doing or building something, all of the pieces are mine.

7. If it looks just like mine, it is mine.

[PR]
by naoko-ohana | 2011-05-10 10:08 | シュタイナー学校

春はお花見

f0178525_10204197.jpg


f0178525_10204691.jpg


f0178525_10205021.jpg


f0178525_10205349.jpg


f0178525_10205684.jpg


f0178525_1020573.jpg


f0178525_10205994.jpg


f0178525_1021057.jpg

[PR]
by naoko-ohana | 2011-04-20 10:18 | シュタイナー学校

茶の心

「茶の湯」、「茶道」 について学んだ。

今回はお道具から入り、点てて、頂いた。


これはお茶碗です。
お茶碗でお茶を飲みます。

これはナツメです。
ナツメにはお茶が入っています。

これは茶杓です。
茶杓でお茶を入れます。

これは茶筅です。
茶筅でお茶を点てます。


Japanese 初級の生徒達が覚えて、この手順でアドバンスクラスへプレゼンテーションをした。


アドバンスクラスでは、私が略点前をした。
お道具を前にすると、所作も変ってくるから不思議。

自分でも、それが解った。。呼吸も穏やかになり、指先まで神経がいきわたる感じが解る。
そうなると当然、所作が変る。

懐紙の上にお菓子をのせ、一人一人に配ったらう、生徒の一人が、
「先生がすると、スペシャルな感じがする!」 といった。

私の所作の変わりようが解ったみたいだ。

これが茶の湯の心かな・・・お茶室ではなく、教室であっても、お菓子がドーナッツであっても、
スペシャルになる。。。

穏やかな気持は学校を後にしても続いている。


和 ‘Wa’ – harmony
敬‘Kei’- respect
清‘Sei’- purity
寂‘Jaku’- serenity





f0178525_9314059.jpg

[PR]
by naoko-ohana | 2011-02-18 08:53 | シュタイナー学校

中高生のための夏 in Hawaii

2011年夏、ホノルル・ワルドルフ・スクール(HWS)では、

中学3年生から高校3年生を対象とした最長4週間のプログラムを企画しました。このESLサマーキャンプは、英語を母語としない高校生に英語の集中学習と、アメリカの生活体験を目的としています。

指導にあたるのは、経験豊かな現役の高校教師陣で、会話、スピーチなどをはじめ、造形や美術、スポーツなどシュタイナー教育にも基づいた体験型の授業内容となっています。
f0178525_3144987.jpg


また、ホームステー先は主にシュタイナー学校の生徒の家庭を中心に紹介しています。夏の一時、親元から離れ、青い海に面したキャンパスで新しい仲間との出会いを楽しみませんか?

詳しくは:

http://www.honoluluwaldorf.org/RelId/608268/ISvars/default/Summer_Programs.htm

または直接私に連絡下さい。詳細をお送り致します。
f0178525_3132834.jpg

[PR]
by naoko-ohana | 2011-02-18 03:15 | シュタイナー学校

morning glory 学校の朝

f0178525_2415172.jpg


f0178525_2415475.jpg


f0178525_241587.jpg

[PR]
by naoko-ohana | 2011-02-11 02:39 | ハワイ

Honolulu Waldorf School Winter Performance @ kahala mall

毎週 週替わりでホノルル市内の高校のバンド演奏がカハラモールで開かれます。今週はうちの学校!


f0178525_10435433.jpg


f0178525_10435862.jpg


f0178525_1044273.jpg

[PR]
by naoko-ohana | 2010-12-17 10:40 | シュタイナー学校

最後の日

日本語クラスも今学期最後の日を迎えました。

最後の日はやっぱり何か食べたい!

f0178525_5251115.jpg

風呂敷に包んで持って行きます。

中身は。。。


f0178525_5251613.jpg


一口サイズのおむすび!

よろこんでくれるかな?!o(^▽^)o
[PR]
by naoko-ohana | 2010-12-16 05:21 | シュタイナー学校

ティーンエイジャー


学校でティーンエイジャーを相手にしていると、毎日色々なことがある。

そして、今日もまた、 数日前の携帯電話没収に引き続き、授業時間、一人の男子生徒を
オフィスへ送った。

学校では授業中に暴言を吐いたり、先生の注意、勧告に対し反発したりすると
その担当教師により、オフィスに行くことを命じられる。
オフィスに行きなさい=停学処分となり、その後すぐに親に連絡が行き、親は迎えにくる、という
流れになっている。

携帯を没収されるくらいでは、停学にはならないが、どの先生にも、生徒を停学処分できる
ように最近システムが変った。停学処分を受ける行為というのは色々きまってはいるけれど、
とどのつまりは、先生の注意勧告に従わない・・・と言うことに重きがおかれている。

今回は、ある男子生徒が、マッチをすった。。。マッチを取り出した時点で注意をしたが、その数分後マッチをすった。

そして、その場で、オフィスへ行くように指示した。彼は、すんなりと立ち上がり、「Sorry」といいながら
オフィスへいった。

授業が終わり、荷物をとりにその男子生徒が戻ってきたので、

「最近どうしたの??何だか、色々些細な問題をおこしているようだね。
そして今日はなぜマッチをクラスですったりしたの・・・・??」 と聞くと

「なんか、楽しいかなっておもって・・・色々したり、言ったりするときはそれなりにたのしいのだけど、その後が
ちょっと大変・・・気分がいいものではないね。。」

「じゃあ、止めたら・・・ご両親も頭が痛いでしょう・・・家でも色々しかられるでしょ?」

「うん、結構しかられるし、良くないとおもうけど。。。 先生、I am sorry」

と、言ってその男子生徒は帰っていった。


ティーンエイジャー・・・心と体がまだ成長の過程にあり、そのアンバランスさ が手伝い起こる様々な問題。
はっきりとした線引きを、限界を教えながらも、その心をフォローして行かなければならない立場にある
教師の役割は重要だ。

「あなたのその行為は良くないけれど、we care about you, we all love you」 

ということをどうやって伝えたらいいか日々問われる。 

そして、私自身、心が揺らがないように自分自身をしっかりもつこと、これが課題である。







先週の日記より

I had to confiscate another phone, yesterday.

It breaks my heart to do this, especially when it is from a honorable student who has never

caused any trouble.



.........................

But, I am doing my job as an educator.

I am not here to win in a popularity contest, but to educate, and to guide the students so they'll

be socially and academically mature, responsible adults with respect for authority.

Saying 'NO' is one of the best things one can do or say to a young person, and to set limits.


............."Another me" in my heart said.
[PR]
by naoko-ohana | 2010-12-11 21:54 | シュタイナー学校

ESL Summer Camp for High School Students

私がコーディネーター、また、ESL一部を担当します。これを皮切りにインターナショナルプログラム〔通年〕も始まります。

プログラム、学校に関してのご質問やコメントはいつでもどうぞ!

受付開始です!




2011年高校生サマー英語キャンプin Hawaii

~7月11日―8月5日・ホノルル・ワルドルフ・ハイスクール~

ホノルル・ワルドルフ・ハイスクールのサマー英語(ESL)キャンプは美しいトロピカルな環境で、シュタイナー・ワルドルフ教育に則ったカリキュラムを海外からの生徒達を対象として行われます。英語力向上と、実際の英語環境での様々な体験を、シュタイナー・ワルドルフ教育に基づいたESL、アウトドア活動や芸術を通して英語を英語で体験し学びます。


対象:15歳から18歳(6月時点で)

英語レベル: 中級の下~上級

日時: セッションI 7/11~22  $2500
    セッションII 7/25~8/5 $2500
    セッションIII  7/18~8/5$3750

申込締切: 2011年3月31日
      申し込み費用:US$100返金無し
      手付金:$US500  返金無し

宿泊:Rainbow Home-stay
ホームステーエイジェント代表エマ・ミヤケへ直接お申し込み下さい
   Rainbowhomestay@hawaii.rr.com
$600/2週間, $900/3週間、$1,200/4週間 
    一日三食付き


学費に含まれるもの:
lESL教科書及び副教材
l美術教材、クラフト材料
l名所旧跡見学、入館料及び交通費
lホノルル市バス、一ヶ月分パス
l
学費に含まれないもの:
lホノルル⇔日本旅費
lホームステー代金
l食事
l旅行・医療保険
lホノルル空港⇔ホームステー先交通費
lF-1ビサ(学生ビサ)

一日の時間割例
8:30-9:15am Music/Conversation/Pronunciation
9:20-10:35am ESL I
10:35:10:50am Snack break
10:50-11:50am ESL II
11:50-12:30pm Lunch
12:30-1:30pm Outdoor Activities
1:35-3:00pm Arts

場所:
ホノルル・ワルドルフ・スクール 高校
マカイ・キャンパス

お申し込み・詳細は
マクレラン直子までどうぞ
Naoko McLellan
nmclellan@honoluluwaldorf.org
携帯:1-808-226-1535
スカイプ名:Naoko

Honolulu Waldorf High School
5257 Kalanianaole Hwy.
Honolulu, HI 96821
tel. 1-808-735-9311
Fax. 1-808-373-4982
http://www.honoluluwaldorf.org/

概要:

ESLクラスは、ESL指導資格のある経験豊かな教師陣により、行われます。参加者の生活レベルに合った、コミュニケーションに必要な語学スキルを学習します。授業では、ディスカッションやグループ活動を通して語学を学びます。朝は音楽、スピーチや体を動かすことで始まり、後の授業に備えます。

ESLⅠ:この授業は教科書「All about the USA Ⅰ」をテキストとして、アメリカの人々、生活、地理や出来事について学びます。生徒はアクティビティを通して、英単語、英文法を学習すると共に、アメリカについての知識を広げます。

ESLⅡ:ESLⅠで学習した内容の幅をさらに広げ、料理、お菓子作り、買い物、クラフト、ゲーム等の実体験型アクティビティで楽しく学びます。

音楽:シュタイナー・ワルドルフ教育における音楽教育は、音を耳で聞くというよりも、遊びを通して、心と体全体で音を体験する事によって音楽を学ぶという方法をとります。
現役の音楽教師が、幅広いレパートリーの中から、アメリカのフォークソング、ハワイアン、そして、様々な国の音楽を紹介していきます。

美術:シュタイナー・ワルドルフ学校での芸術教育の一部、水彩画、パステル画、造形、彫刻、木工などを体験します。
その他:美しい自然の中でのアウトドア・アクティビティー、水泳、サーフィン、シュノーケル、ハイキングおよび、アウトドア・スポーツなどを楽しみます。

ハワイアナ:ハワイアン・ソング、フラダンス、レイ作りを通してハワイの文化を体験します。
名所旧跡見学:プランテーション・ビレッジ、ハワイの遺跡めぐり、チャイナタウン、ノースショア、真珠湾などの見学及び、ハワイのお祭り料理、ルアウも体験します。
f0178525_3192424.jpg
f0178525_31979.jpg

[PR]
by naoko-ohana | 2010-12-11 03:19 | シュタイナー学校

ミカエル祭に寄せて。。。Thoughts of Michaelmas 

同僚 Phil の 言葉

Thoughts of Michaelmas

Michaelmas is a festival celebrating the power and light of the heart. It is when we celebrate having the strength to stand straight and true. This strength is mustered from our steady and stalwart intentions for good. It is born from the fire of the human heart which is a power that can see us through anything. We can light up this power of the heart in the face of the darkest most despairing circumstances. Through this power of heart, we have the courage and ability to subdue, transform and tame the shadow, the gloomy, the sinister...in a word, the dragon.

Imaginations from Mythology

Michael is an archangel who does just this. He subdues the dragon. He does this on the behalf of all humanity. I think of it something like this....

The higherarchies of celestial beings are “hanging out conversing one day” in the infinite void of absolute all. Unfortunately, they are all saying humanity is a waste of time. That those folks down there (us) are a lost cause (it’s fairly easy to draft a rather dismal list of our despicable failings). That humanity is absolutely and completely hopeless. In a word–they uncategorically, completely and absolutely without appeal–“write us off.”

But wait, there’s one "fella" who stands up and says, “No, you are all wrong. They (humanity...us) have a spark of something we’ll never have...and we need it. If they can overcome their ‘dark side,’ and yes, I know the cards are stacked against them, then the celestial void will hum a new tune. An even more glorious symphony of celestial song could be put in motion with the help of a humanity transformed. They (us) could release such a roaring flame of liberty, of compassion, of free will and pure thought...that the heavenly spheres would resonate anew. New bold beautiful worlds could birth afresh and free.”

So, of all the heavenly host, just Michael—with only his sword of singular intention filled with his light and love for humanity—stands alone against seemingly insurmountable odds. He places himself before the dragon of infinite despair...and subdues it!

He places himself within the human heart and whispers against the roar of our distractions, “stand true, have faith, I am here, we can tame the untamable, you are human, you have love, you have the possibility of freedom, we need that in the vast void of all, stand fast, you can do this, you must do this, I am here, be truly human, stand fast.”

And, if we listen, we might just hear and meet the call!

Perhaps this autumnal time of year it is a little easier to hear. There is an annual phenomenon of a number of meteor showers that happen every fall. The most pronounced are the Leonids (King of the meteor showers) late autumn. It is as if the heavens rain their assistance to us this time of year. The metal of strength, iron, rains fire from heaven (burns entering our atmosphere) to aid us as the sun starts slipping further away (shorter days) and we go into the cold dark time of year (winter).

We can take heart, with Michael, that we have the fire and light of the heavens in our very heart and can stand before “all tests of darkness” victoriously!

Good fortune in your efforts of good will and heart!
[PR]
by naoko-ohana | 2010-09-29 05:51 | シュタイナー学校


Welcome! to my ohana


by naoko-ohana

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Welcome
日々徒然に
北カリフォルニア
ハワイ
文化、言語教育
シュタイナー学校
絵本と文庫
食べもの

タグ

(130)
(77)
(60)
(55)
(55)
(48)
(47)
(43)
(33)
(30)

最新の記事

Ready for summ..
at 2011-07-15 01:02
日本滞在記
at 2011-07-09 08:01
久しぶりの日記更新・・・人生..
at 2011-07-01 00:42
「時代遅れ名教育方針」
at 2011-05-15 08:50
Holiday ~Hawai..
at 2011-05-11 04:38

メモ帳

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
ほんの木 柴田敬三の「集...
英国からのヒーリング便り
競争のない教育と子育てを...
Cafe Bleu @ ...
私を知る/シュタイナー思...
DOWN TO EARTH 
なまけものってすごい.....
うおぬまの毎日♪ Exp...
Kayo in England
ハワイ Mother N...
いずみの学校 高等学園通信
いまのところWALES
ことばの広場
831cafe
※おいしいかどうかは保障...
DTE
ハッピーハワイ
バーミンガム素描 ~Oh...
BRIDGE いずみの学...
Drothy in th...
子育てって大変?シュタイ...
ペれほぬあめあハワイ島プ...
TEENAGE CHEF
便利屋日記

以前の記事

2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧