タグ:アメリカ ( 10 ) タグの人気記事

Ready for summer!

Summer is here in Humboldt, California.

I make my morning rounds to gather the seasonal flowers.
As the dry heat comes in these flowers will soon be gone.
f0178525_0482694.jpg


The path to the pool.
f0178525_5544924.jpg


Finally, our pool is ready! The spring water is much too cold for me to jump in, but nice to get away from the dry summer heat.
I just soaked in the shallow area because the water is sooooo cold.
Grass mowed around the pool and ready for our guests.
f0178525_5501457.jpg

f0178525_5534613.jpg


f0178525_0504468.jpg

f0178525_0473426.jpg



Vegetables are growing nicely. Beautiful cabbage!
f0178525_0494996.jpg


Wild blackberries full in blossom!
f0178525_62261.jpg


Found the deer by my bedroom door this morning.
f0178525_5582232.jpg


We welcome you to the summer of Humboldt!
[PR]
by naoko-ohana | 2011-07-15 01:02 | 北カリフォルニア

久しぶりの日記更新・・・人生の転機

久しぶりの日記更新



生活拠点をハワイから北カリフォルニアに移した。実際、今後もハワイと北カリフォルニアを行ったり来たりの二重生活はしばらく続けるつもりだけれども、気持の上で生活の拠点はここ北カリフォルニアのハンボルトになる。そうなると、このブログのタイトル「ハワイおはな日記」は奇異な感じがするので「おはな山の家日記」に変えてみた。
f0178525_23222825.jpg


f0178525_23211221.jpg


6月25日
快晴。洗濯日和。滑車のついた洗濯物干しのロープをカラカラとひっぱりながら、次々に洗濯物を干していく。視線を感じ、横をみると、ヤブの中に鹿の親子がいた。小鹿には森の奥深くよりも民家の近くのほうが安心なのだろうか、いつも家の周りに居る。それとも新参者の私をチェックしているのかもしれない。

f0178525_23235818.jpg

f0178525_23304713.jpg



今日はさくらんぼを収穫した。ちょっとまだ早い気もしないでもなけれど、鳥や動物達の先を越さないとならないのでちょっと焦り気味。ぴかぴかとして、まるで宝石のような小ぶりのさくらんぼは口にいれるのが勿体ない感じさせする。まさに自然の産物、自然の贈り物だ。
さくらんぼの木の隣にあるのはりんごの木。こちらは秋の収穫まではまだまだその成長を楽しめそうだ。

f0178525_2326030.jpg
f0178525_23251852.jpg


6月26日
夏にむけて
ここ北カリフォルニアの夏はとてつもなく暑い。ただし、湿度がない分だけしのぎやすいのは事実だ。私達の家は近くの町から山へ20分入ったところにある。家は谷間を見下ろす斜面にあり、同じ側200mに隣人が住んでいるけれど、家からは民家は一つも見えない。夜になる遠く反対側の斜面の木々の間から煙が立つので数件家はあるようだ。そんな山の中なのだが、家には大きなプールがある。短い夏の間にしか使わないこのプールを今朝掃除し、水を溜め始めた。しかし、今朝の外気温は13度・・・しかもこのプールの水は湧き水でまかなわれるため冷たい。飛び込みたいと思う日が来るのだろうか・・・Brrr

f0178525_2328662.jpg
f0178525_23272049.jpg



6月28日
2週間の日本滞在を終え、ここサンフランシスコの北200マイルの田舎町へ来て早、一週間が過ぎようとしている。
今朝は雨、外気温は12℃、家の中は18℃、湿度40%。シトシト雨、鳥のさえずりも聞こえず静かな朝。なんとなく火の気が恋しく薪ストーブに火を入れた。6月も終わろうとしているこの時期に珍しいことだと言う。ほんのりと、心まで温まるような薪ストーブの火はやさしい。日本から持ってきた土鍋に残り野菜を入れてとりあえずストーブの上においてみた。何味にするかはこれから考えるとする。

f0178525_23291288.jpg

[PR]
by naoko-ohana | 2011-07-01 00:42 | 日々徒然に

カリフォルニア州 ハンボルト郡

f0178525_1054237.jpg


f0178525_1075883.jpg



State highway 101 を北に走ること3時間半、目指すはかつて林業で栄えたハンボルトという田舎の町。


Jayの家はそこからさらに山へ入り、途中からは舗装されていない道を20分走ったところにある。

f0178525_10461079.jpgf0178525_10453063.jpg


















その地に移り住んで29年だという。家は少しずつ増改築を繰り返し、きちんとメンテナンスされていて、きれいだった。

湧き水を引き、電気はソーラーでまかなっている。もちろんバックアップのジェネレーターは設備されているものの、ほとんどソーラー電気でまかなえるという。



f0178525_10525196.jpg




インターネットは衛星を使っている。At &Tはさすがに圏外になっているため、私のアイフォンは役立たず。


山々が折り重なるカリフォルニアの山林の中、レッドウッド、マドロン、ミアー、ブラックウオルナットなどの木々に囲まれたすばらしい景色を家のどこからも大きな窓を通して見ることができる。

f0178525_11214354.jpg

マドロンの木はJayが好きな木。


よく目を凝らすと、木々の間から、煙が上がっているのが見える。
f0178525_10581931.jpg


自然を独り占めしているような気になるが、そうではなく、人間は自然の中のほんの一部にいさせてもらっている感じがする。
f0178525_1110399.jpg
f0178525_11114113.jpg
f0178525_11124171.jpg








ここでで寂しいくない?と、聞いたら、町の雑多の中にいると寂しいと感じるけど、ここでは感じないよ、と彼は言った。妙に納得した。そういえば私が寂しいと感じたのは、東京の下町に住んでいたころ、夕暮れになり、人々が家路を急ぐ時間だった。

f0178525_11153375.jpg




f0178525_1116789.jpg


こんなところならツバメも居心地が良いでしょう。



人々がいそいそと夕食の買い物を済ませ、家路を急ぐすがたは、自分だけが置いていかれている気になり、妙にあせり、落ち着かないものだった。大自然の中にいると、自然のリズムと同じに動くことができることで妙な安心感があるのかもしれない。

f0178525_11174623.jpg

薪ストーブ用の薪は敷地ないから切り出す。

夜は空一面、今にも降りそうな星空だった。
床に就こうと部屋の電気を消したら、きらきら光る星空が窓越しに目に入って、思わず、声をあげた。

f0178525_11202615.jpg

夏には湧き水であふれる・・・プールも今はお休み。

それから、外に出て、ポーチにあるピクニックテーブルしばらくたたずんでいた。


360度空。当たり前のことだけれども、意識しなくても目に入ってくるこの光景はすばらしい。

明け方、4時、外の空気が変わった。。。目が覚めた。ベッドから見える大きな窓越しに見えたのは、霧の中でボーと光を放っている大きなお月様だった。
f0178525_1202398.jpg


昨日が満月だったから、少しかけてはいるけれども、真っ暗な空を照らすにはその月は十分だ。こちら側からお月様を見ているというよりも、お月様に見られている。。。そんな感じだった。
f0178525_121694.jpg

[PR]
by naoko-ohana | 2011-05-09 08:30 | 日々徒然に

サンフランシスコ

f0178525_1226207.jpg


f0178525_12512593.jpg


f0178525_12553139.jpg


ホテルの部屋に入ると、ガラスの瓶に入れられた黄色いスイセンの花の束が飾られていた。久しぶりに見た春の花だ。Jayが私を迎えに来るときに朝、庭から取ってきてくれたのだ。無造作に投げ入れられた、大きな、鮮やかな黄色い花は元気がでる。そして、生まれ育った土地でも、スイセンは春を告げる花として、私には特別だ。

サンフランシスコ一日目 今日は雨。春の雨にしては冷たい雨だ。朝はレジェン美術館(Legion of Honor Museum)へ行った。

夜はサンフランシスコシンフォニーのMass in B minorを聴いた。しかもこのたびはサンフランシスコシンフォニーコーラスのフルコーラス付であった。コンサートは8時からであったが、7時から今回のピースについてのレクチャーもあるということだったのでそれから聴くことにした。このために慎重した黒いワンピースを着て、出かけた。

その前に、Jayの行きつけのタイ料理レストランで、軽く食事した。サンフランシスコはさまざまな国の味を堪能できるし、ハワイよりもその質は高い。Davies シンフォニーホールはすばらしい会場。席は一階席の真ん中より少し前側、とてもよい席だった。開演前やインターミッション中には盛装した人々がワイングラスを片手に歓談していた。ちょっとまた、日本の観劇の風景と同じようなものなのかもしれない。おのぼりさん的な人は見かけない、それとも、どんなときにでも、自分なりに楽しむことができるのがアメリカの人たちなのかもしれない。

二日目、朝、今日は土曜日で、ファーマーズマーケットがあるというので、朝のうちに出かけることにした。ホテルから散歩がてらぶらぶらと出かける。お天気はわるかったけれど、ぬれる事もなく、買い物を済ませ、朝ごはんにデイニッシュと温かいラテを海を眺めながら食べた。時間に追われることなくのんびりとした朝だ。
f0178525_1252412.jpg
f0178525_12515812.jpg


Jayの弟がサンフランシスコ郊外でワイナリーを経営しているので、ドライブがてらでかけることにした。ちょうどこの日は、ワイナリーでワインテースティングの催し物があるという。
ワイナリーの名前はSATORI。何と日本的なことか! Jayの弟家族の名前の始めを合わせて、さらに日本語の意味の悟りをもじったのだという。

f0178525_12351496.jpg

f0178525_1235396.jpg


ファーマーズマーケットでおみやげに、パン数種とアスパラガス、チャードなどの野菜を購入。
彼の家族は何の面識もない私を温かく迎え入れてくれ、お土産にこのセラーの一番押しのワインを2本くれた。私はアルコールはほとんど飲めないので、このときばかりはとても残念に思った。

f0178525_12321248.jpg


この日は、サンフランシスコバレエによる、コッペリアをオペラハウスで観た。シンフォニーもさることながら、バレエ鑑賞に来ている人たちの服装はとても華やかで、素敵だった。コッペリアは愉快なバレイで、スッカリと魅了された。こんなにゆっくりと楽しんだのは久しぶり。

サンフランシスコは大嵐。。。私はワンピースを着るのをあきらめ、パンツをはいていったが・・・・会場近くの駐車場へ行くだけで、濡れ鼠のように、びっしょりぬれた。雨だけではなく、大風。横殴りの雨は避けることもできずに、傘も壊れた。ここまでひどいと、笑える。。思い切って濡れホテルへいそぎ、あったかいお風呂に飛び込んだ。


常夏のハワイから来るとサンフランシスコの冷たい空気が肌に心地よい。久々にセーターやコートを引っ張り出して、わくわくした。雪国育ちの私にとっては寒くてもびしょびしょになることがない冬なんて憧れものだ。ちょっとお日様が雲の間から顔をだしたときの心地よさは 思わず笑みがこぼれる。
Legion 美術館もすばらしかったし、アンティークモールも古きよきアメリカ満載で楽しかった。
3日目の午後、ゴールデンゲートブリッジを通り、サンフランシスコをあとに、カリフォルニアを北に向かった。
f0178525_1253596.jpg
f0178525_12532294.jpg

[PR]
by naoko-ohana | 2011-05-08 12:36 | 日々徒然に

アメリカ広し

コネチカット州にいる息子から来た今日のお天気
そして、同日ハワイこれでもかなり低めですが。。

more
[PR]
by naoko-ohana | 2010-12-11 03:24 | 日々徒然に

11年生 メインレッスン 



娘はホノルルヴァルドルフ高校の11年生です。
シュタイナー学校というと、テクノロジーからかけ離れていて、ちょっと前の『ヒッピー』のイメージという印象を持っている人も少なくないと思います。
が。。。 シュタイナー教育では子供達の体、心、魂の成長とともに、その時期に必要なものを与え、その時期だからこそ、乗り越えなくてはならないものを大人として時にガイドをしながら、子供達が自分の力で乗り越えられるように導くことが教育の要となっています。

思春期の子供達には特に、子供の肉体的な成長、精神的な成長を理解する必要があるのはもとより、今の社会環境にあわせた教育をしていくことが望ましいのです。 時代は流れ、学びの環境も変って行きます。 娘の授業や課題を見ていると、感じるところがあります。

朝の2時間半はメインレッスン、(エポック授業ともいいます)といい、4週間、ひとつの科目を毎日、集中し、深く学んでいきます。 4週間後はポットフォリオのような、メインレッスンノートができあがります。4週間の学びのまとめとなるわけです。

今、11年生はアメリカの歴史のブロックです。  先生は、ホノルルヴァルドルフスクール出身の30代の女の先生。とてもきめ細やかな指導をしてくれます。一日おきにでる課題は、ほとんどエッセーを書くこと。課題は、先生のブログに全てアップされていて、読み物としての、記事やお話も多くの場合インターネットで読むことになります。それぞれの先生が色々な情報を色々なところから集めます。教科書のないシュタイナー教育では、各教科の先生の資質がとわれるわけです。

昨日の課題もある記事のサイトを教えられ、それをまず読んで、と言う課題でした。その内容を具体的に、問うわけではなく、与えられた資料を読み、それを基盤として、様々な質問が与えられ、生徒達は、エッセーをかくのです。

Critical thinking. これをするには、与えられている質問に答えるには、その根底にある歴史の流れを把握する必要があります。どちらかと言うと暗記物が多い日本の高校の授業とはまったくちがうのです。  英語をまだ、自由に操れない娘にとっては、もっとも大変な作業あり、時間も人の3倍はかかるのではないかと思います。何を同、どこから手をつけて良いのかわからず、ワラワラすることが何度かありました。

今は、インターネットで、かなりの情報が手にはいります。最初は日本語で、そして、英語でのサイトを探し、上手に切り貼りし、書き換えが出来るようになり、書き方のフォーマットも身についてきて、短いながらも書き上げることが出来るようになってきました。

そして、このブロックの終盤。このブロックの最後の課題は、子供達が労働力として過酷な労働条件の中で、働かされていた時代の記事を読んだあとに、労働に従事している子供の一人として、家族宛に手紙を書くというものです。ここでは、歴史的な時代背景と当時の現状を知ることに加え、クリエイティブライティングが加わるわけです。

なかなか、簡単なようでいて、深く仕上げようと思えばかなりのものにもなる課題です。娘が何をどう書くか、また先生がそれをどう評価するかたのしみです。

インターネット、電子辞書、 そして本屋に併設されているスターバックス! お世話になりました。
[PR]
by naoko-ohana | 2009-10-12 15:53 | シュタイナー学校

アンティークキルト

カリフォルニアのアンティークショップで見つけた、数々のオールドキルト

伝統的なパターンがほとんどと言っていいほど合った

色合いも風合いも程よく使い込まれていて、暖かさを感じる

ぼろぼろなものや、色落ちしているものもあるのに、なぜか、ぬくもりを感じる

おばあちゃん達が、着れなくなった服地やハギレを縫い合わせて、一針、一針

家族のためにチクチクと縫い合わせていったのだろう・・・・



f0178525_14162741.jpg

私も、子供の頃たくさん作ってはつなげたことがある、ヨーヨーキルト

f0178525_14165732.jpg

波打っているリボンテープを2色あわせ、丸く縫い合わせた花。。。これは可愛い!

f0178525_14172248.jpg

状態のよいキルトは150ドルから400ドルくらいで売られていた

f0178525_14175273.jpg

扇子のパターン、黒を入れることにより模様がちょっとオリエンタルに

f0178525_14182239.jpg

ちょっとしたハギレも使えるこのパターン、意外に難しかったのを思い出した

f0178525_14184724.jpg

微妙な配色でセンスがうかがえる

f0178525_14191582.jpg


また、針を持ってみたくなった・・・・
[PR]
by naoko-ohana | 2009-08-05 14:23 | 日々徒然に

カントリーアンティーク


南カリフォルニアを毎年訪れます。

f0178525_2503699.jpg


以前は日本からだったので、本屋さんやアウトレットに足しげく通いましたが、
今は同じ国内に居をかまえたので、(ハワイとは言えどもアメリカです・・・)
行動も変りました。

f0178525_2512857.jpg

Irvineを拠点にするので、今年は、オレンジ州のアンティークタウンや、ちょっと足を伸ばして
サンディエゴのアンティークモールを探検しました。

f0178525_2451291.jpg

築400前後の建物で生まれ育っている私は、古いものには愛着を感じます。


「これはなんだろう?」と考えたり、想像したりするのは楽しいものです。
f0178525_2454418.jpg


さすがアメリカ、それぞれの店舗の広さと、ディスプレーの素敵なこと!
一歩間違えば、ガラクタとなるような品々が活き活きとしているから不思議です。

今は生産されていない、PYREX や FIREKINGの ミクシングボールや冷蔵庫へしまう時に使った
ふたつきの入れ物。
f0178525_2463293.jpg

左側の袋は洗濯バサミいれ。布物は適当に使い込んであり、やさしい風合いになっている。

f0178525_2461128.jpg

三匹の子豚の図柄の乳白色の耐熱ガラスの皿。この、子供のハイチェアーもデザインが素敵でした。
子供のものだからといって、漫画チックな図柄の最近のジャンクとはちがいます。

f0178525_2464922.jpg

バターをつくる、Churn。 どんな人が、どんなキッチンでバターを家族のためにつくっていたのでしょうか?
f0178525_2472329.jpg


お裁縫道具  これは私にはたまらなく刺激的でした。
このケースごとお持ち帰り!! の気分になりました。
f0178525_2474421.jpg


ピンクのフリルがついている、お皿。FIREKING製。欲しいシリーズです。今はもう生産されていない
耐熱ガラスのお皿。
f0178525_3111873.jpg


コートヤードのディスプレー。朽ちているバケツとバスタブ・・・その中で綺麗な緑の葉を
広げる蓮・・・水の音が涼しげでした。
f0178525_3122676.jpg


階段したのディスプレー。古いレースの小物が所狭しと飾られています。どんな人がここにすわっていたのかな・・・と立ち止まってしまいました。

f0178525_313837.jpg


最後に買おうと思い忘れた品物!!! 心残りです。
テーブルクロスの上のパンのくずを掃く道具。近年のものはステンレスがおおいなか、木製のものは初めて
見ました。$18・・・ほしかったわ~~~
f0178525_3133519.jpg

[PR]
by naoko-ohana | 2009-08-04 02:47 | 日々徒然に

アメリカ、日本人の私から

日頃の生活を離れ、ちょっと、外に出てみると、自分が日本人であることを感じます。
ステレオタイプの日本人ではないけれど、考え方の土台は日本人的な常識が育っている気がします。



デルタ、ノースウエスト合併
このたびはノースウェストで飛びましたが、(確かに行きはそうだった)帰りはデルタ・・・
この2社の合併は知ってはいたものの、アイフォンでフライト情報を調べても、出てこなくって、ちょっと焦りました。

飛行機も変更があったとか、連絡してよね・・空港会社の合併とか日常茶飯事かもしれないけど・・・



荷物一個目$15なり
チェックインの荷物,一つ目から無料ではなくお金がかかるようになりました。ひとつ$15.00。しかし、大きさはなくても、ガラガラと20キロあまりのケースを引きずり、機内にはいり、上のコンパートメントに自力でいれるのは困難と判断しチェックインしました。機内は大きな荷物が散乱。。。根性だ・・・みな体格がいいから軽々と荷物を上の棚に押し込んでいる・・すごい荷物、何がはいっているのかな?と想像する。

あ、でも、t-シャツ一枚にしても、私のシャツの倍の大きさと重さか・・・と妙に納得。





砂糖?塩?
機内食はジュースとナッツ、クッキー以外は全て有料。ガラガラとおばさんフライトアテンダントがカートを押して行き来する。「Sugar or Salt?」, 言い換えれば、「甘い物かしょっぱいもの はいかが? (クッキーかピーナッツ)」 ということなんだけど、その言い方が判らない隣の席の、マーシャル諸島の宣教師さん、困惑していました。

確かに甘い物かしょっぱいものだけど、ふつーに言ってあげてよ、おばさん。。。




素敵な名前
旅行するときは大体インターネットで予約をするのですが、今回は予約後日程の変更があったため、電話でやり取りを数回しました。
そのとき、「なまえは?」ときかれ「Naoko,N A O K O」と言ったら「That’s a nice name. What country are you from? Very nice. I will name my daughter Naoko」 (素敵ななまえね、どこの国の名前?娘が生まれたら直子にするわ) と言われました。ほめられるのは悪い気持ちではないけど、日本ではありえないやり取り・・・しかも2回目は「ハロー」と出る前から、大きな笑い声が2,3秒 聞こえ、そのあと、「Oppps ・・HI!」でした。

お仕事モードではなくちょっと、フツーすぎない?



日本に行けばいったで、日本人の不可解さも感じます。
日本にいると、やっぱり日本人ではないよね~~。。と良く言われますが・・・

民族、文化習慣の違いだけではないことが多いのだと思いますが・・・グローバルとまではいかないけど、自分自身の常識の幅をどう持つか、考えさせられることが「旅」ではあります。
[PR]
by naoko-ohana | 2009-08-02 01:48 | 日々徒然に

Roppongi Alert

とあるメーリングリストから回ってきた記事です。発信元はアメリカ大使館。
原文を記載しますが、要するに、六本木周辺で、最近外国人をバーやクラブに連れ込み、薬物入りのお酒を飲ませ、意識が朦朧としている間に、金品を取ったり、クレジットカードで多額のお金を下ろしたりする事件が多発しているとのこと。東京近郊にすむアメリカ人へ六本木周辺には出来るだけ近寄らない、行く場合は
気をつけるように、という内容の記事です。

平和と思い込んでいる日本、平和ボケしている日本人・・・

日本も危ないのです。怖いです。それにもまして、
アメリカ政府のHomeland Security の力の入れようを感じます。
日本はこのように、具体的に、迅速に海外にいる邦人を守るような姿勢を見せてくれるかしら??


This is to inform the American community that the U.S. Embassy has
recommended that the embassy community avoid frequenting Roppongi bars and
clubs in Tokyo due to a significant increase in reported drink-spiking
incidents. American citizens may choose to avoid frequenting drinking
establishments in this area as well.

The number of reports of U.S. citizens being drugged in bars has increased
significantly in recent weeks. Typically, the victim unknowingly drinks a
beverage that has been secretly mixed with a drug that renders the victim
unconscious for several hours, during which time large sums of money are
charged to the victim痴 credit card or the card is stolen outright. Victims
sometimes regain consciousness in the bar or club, while at other times the
victim awakens on the street.

Because this type of crime is already widespread in Roppongi bars and is on
the rise, the U.S. Embassy has recommended that members of the embassy
community avoid frequenting drinking establishments in this area. American
citizens may consider this recommendation as it applies to their own
behavior. If you, nevertheless, choose to participate in Roppongi night
life, we urge you to remain extra vigilant of your surroundings and maintain
a high level of situational awareness. Establishments in the area of
Roppongi Intersection (Roppongi Dori and Gaienhigashi-dori) have had the
highest level of reported incidents.

For further information please consult the Country Specific Information
Sheet for Japan, available via the Internet at http://travel.state.gov.
U.S. citizens living or traveling abroad are encouraged to register with the
nearest U.S. embassy or consulate through the State Department's travel
registration web site at https://travelregistration.state.gov/ibrs/ui/ so
that they can obtain updated information on travel and security. Americans
without Internet access may register in person with the nearest U.S. embassy
or consulate. By registering, American citizens make it easier for the
embassy or consulate to contact them in case of emergency.

U.S. citizens are strongly encouraged to maintain a high level of vigilance,
be aware of local events, and take the appropriate steps to bolster their
personal security. For additional information, please refer to "A Safe Trip
Abroad" found at http://travel.state.gov.

For further information or any emergencies involving American citizens,
please contact the American Citizens Services (ACS) Unit of either the U.S.
Embassy in Tokyo or one of the U.S. Consulates in Japan listed below:

U.S. Embassy in Tokyo
American Citizen Services
1-10-5 Akasaka, Minato-ku, Tokyo 107-8420
Tel: 03-3224-5174
Fax: 03-3224-5856
http://japan.usembassy.gov/e/tacs-main.html
[PR]
by naoko-ohana | 2009-03-21 03:16 | 日々徒然に


Welcome! to my ohana


by naoko-ohana

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Welcome
日々徒然に
北カリフォルニア
ハワイ
文化、言語教育
シュタイナー学校
絵本と文庫
食べもの

タグ

(130)
(77)
(60)
(55)
(55)
(48)
(47)
(43)
(33)
(30)

最新の記事

Ready for summ..
at 2011-07-15 01:02
日本滞在記
at 2011-07-09 08:01
久しぶりの日記更新・・・人生..
at 2011-07-01 00:42
「時代遅れ名教育方針」
at 2011-05-15 08:50
Holiday ~Hawai..
at 2011-05-11 04:38

メモ帳

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
ほんの木 柴田敬三の「集...
英国からのヒーリング便り
競争のない教育と子育てを...
Cafe Bleu @ ...
私を知る/シュタイナー思...
DOWN TO EARTH 
なまけものってすごい.....
うおぬまの毎日♪ Exp...
Kayo in England
ハワイ Mother N...
いずみの学校 高等学園通信
いまのところWALES
ことばの広場
831cafe
※おいしいかどうかは保障...
DTE
ハッピーハワイ
バーミンガム素描 ~Oh...
BRIDGE いずみの学...
Drothy in th...
子育てって大変?シュタイ...
ペれほぬあめあハワイ島プ...
TEENAGE CHEF
便利屋日記

以前の記事

2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧