カテゴリ:シュタイナー学校( 79 )

The Seven Rules of the Toddler


Know your child!

I found this writing in our early childhood room.


1. If I like it, it is mine.

2. If it is in my hands, it is mine.

3. If I can take it from you, it is mine.

4. If I had it a little while ago, it is mine.

5. If it is mine, it must never appear to be yours in any way.

6. If I am doing or building something, all of the pieces are mine.

7. If it looks just like mine, it is mine.

[PR]
by naoko-ohana | 2011-05-10 10:08 | シュタイナー学校

春はお花見

f0178525_10204197.jpg


f0178525_10204691.jpg


f0178525_10205021.jpg


f0178525_10205349.jpg


f0178525_10205684.jpg


f0178525_1020573.jpg


f0178525_10205994.jpg


f0178525_1021057.jpg

[PR]
by naoko-ohana | 2011-04-20 10:18 | シュタイナー学校

桃の節句 おひな様

f0178525_4302148.jpg


f0178525_4302530.jpg


f0178525_430297.jpg


f0178525_4303316.jpg


f0178525_4303799.jpg


f0178525_43041100.jpg

[PR]
by naoko-ohana | 2011-03-07 04:26 | シュタイナー学校

静かな土曜日の学校

誰もいない学校

勿体無いほどの空間
f0178525_9241629.jpg


f0178525_9242072.jpg


f0178525_9242312.jpg


f0178525_9242635.jpg

[PR]
by naoko-ohana | 2011-02-27 08:27 | シュタイナー学校

文化体験

茶道
f0178525_5514955.jpg


f0178525_5515031.jpg


f0178525_5515183.jpg


f0178525_5515358.jpg

[PR]
by naoko-ohana | 2011-02-20 05:50 | シュタイナー学校

茶の心

「茶の湯」、「茶道」 について学んだ。

今回はお道具から入り、点てて、頂いた。


これはお茶碗です。
お茶碗でお茶を飲みます。

これはナツメです。
ナツメにはお茶が入っています。

これは茶杓です。
茶杓でお茶を入れます。

これは茶筅です。
茶筅でお茶を点てます。


Japanese 初級の生徒達が覚えて、この手順でアドバンスクラスへプレゼンテーションをした。


アドバンスクラスでは、私が略点前をした。
お道具を前にすると、所作も変ってくるから不思議。

自分でも、それが解った。。呼吸も穏やかになり、指先まで神経がいきわたる感じが解る。
そうなると当然、所作が変る。

懐紙の上にお菓子をのせ、一人一人に配ったらう、生徒の一人が、
「先生がすると、スペシャルな感じがする!」 といった。

私の所作の変わりようが解ったみたいだ。

これが茶の湯の心かな・・・お茶室ではなく、教室であっても、お菓子がドーナッツであっても、
スペシャルになる。。。

穏やかな気持は学校を後にしても続いている。


和 ‘Wa’ – harmony
敬‘Kei’- respect
清‘Sei’- purity
寂‘Jaku’- serenity





f0178525_9314059.jpg

[PR]
by naoko-ohana | 2011-02-18 08:53 | シュタイナー学校

中高生のための夏 in Hawaii

2011年夏、ホノルル・ワルドルフ・スクール(HWS)では、

中学3年生から高校3年生を対象とした最長4週間のプログラムを企画しました。このESLサマーキャンプは、英語を母語としない高校生に英語の集中学習と、アメリカの生活体験を目的としています。

指導にあたるのは、経験豊かな現役の高校教師陣で、会話、スピーチなどをはじめ、造形や美術、スポーツなどシュタイナー教育にも基づいた体験型の授業内容となっています。
f0178525_3144987.jpg


また、ホームステー先は主にシュタイナー学校の生徒の家庭を中心に紹介しています。夏の一時、親元から離れ、青い海に面したキャンパスで新しい仲間との出会いを楽しみませんか?

詳しくは:

http://www.honoluluwaldorf.org/RelId/608268/ISvars/default/Summer_Programs.htm

または直接私に連絡下さい。詳細をお送り致します。
f0178525_3132834.jpg

[PR]
by naoko-ohana | 2011-02-18 03:15 | シュタイナー学校

Honolulu Waldorf School Winter Performance @ kahala mall

毎週 週替わりでホノルル市内の高校のバンド演奏がカハラモールで開かれます。今週はうちの学校!


f0178525_10435433.jpg


f0178525_10435862.jpg


f0178525_1044273.jpg

[PR]
by naoko-ohana | 2010-12-17 10:40 | シュタイナー学校

最後の日

日本語クラスも今学期最後の日を迎えました。

最後の日はやっぱり何か食べたい!

f0178525_5251115.jpg

風呂敷に包んで持って行きます。

中身は。。。


f0178525_5251613.jpg


一口サイズのおむすび!

よろこんでくれるかな?!o(^▽^)o
[PR]
by naoko-ohana | 2010-12-16 05:21 | シュタイナー学校

ティーンエイジャー


学校でティーンエイジャーを相手にしていると、毎日色々なことがある。

そして、今日もまた、 数日前の携帯電話没収に引き続き、授業時間、一人の男子生徒を
オフィスへ送った。

学校では授業中に暴言を吐いたり、先生の注意、勧告に対し反発したりすると
その担当教師により、オフィスに行くことを命じられる。
オフィスに行きなさい=停学処分となり、その後すぐに親に連絡が行き、親は迎えにくる、という
流れになっている。

携帯を没収されるくらいでは、停学にはならないが、どの先生にも、生徒を停学処分できる
ように最近システムが変った。停学処分を受ける行為というのは色々きまってはいるけれど、
とどのつまりは、先生の注意勧告に従わない・・・と言うことに重きがおかれている。

今回は、ある男子生徒が、マッチをすった。。。マッチを取り出した時点で注意をしたが、その数分後マッチをすった。

そして、その場で、オフィスへ行くように指示した。彼は、すんなりと立ち上がり、「Sorry」といいながら
オフィスへいった。

授業が終わり、荷物をとりにその男子生徒が戻ってきたので、

「最近どうしたの??何だか、色々些細な問題をおこしているようだね。
そして今日はなぜマッチをクラスですったりしたの・・・・??」 と聞くと

「なんか、楽しいかなっておもって・・・色々したり、言ったりするときはそれなりにたのしいのだけど、その後が
ちょっと大変・・・気分がいいものではないね。。」

「じゃあ、止めたら・・・ご両親も頭が痛いでしょう・・・家でも色々しかられるでしょ?」

「うん、結構しかられるし、良くないとおもうけど。。。 先生、I am sorry」

と、言ってその男子生徒は帰っていった。


ティーンエイジャー・・・心と体がまだ成長の過程にあり、そのアンバランスさ が手伝い起こる様々な問題。
はっきりとした線引きを、限界を教えながらも、その心をフォローして行かなければならない立場にある
教師の役割は重要だ。

「あなたのその行為は良くないけれど、we care about you, we all love you」 

ということをどうやって伝えたらいいか日々問われる。 

そして、私自身、心が揺らがないように自分自身をしっかりもつこと、これが課題である。







先週の日記より

I had to confiscate another phone, yesterday.

It breaks my heart to do this, especially when it is from a honorable student who has never

caused any trouble.



.........................

But, I am doing my job as an educator.

I am not here to win in a popularity contest, but to educate, and to guide the students so they'll

be socially and academically mature, responsible adults with respect for authority.

Saying 'NO' is one of the best things one can do or say to a young person, and to set limits.


............."Another me" in my heart said.
[PR]
by naoko-ohana | 2010-12-11 21:54 | シュタイナー学校


Welcome! to my ohana


by naoko-ohana

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Welcome
日々徒然に
北カリフォルニア
ハワイ
文化、言語教育
シュタイナー学校
絵本と文庫
食べもの

タグ

(130)
(77)
(60)
(55)
(55)
(48)
(47)
(43)
(33)
(30)

最新の記事

Ready for summ..
at 2011-07-15 01:02
日本滞在記
at 2011-07-09 08:01
久しぶりの日記更新・・・人生..
at 2011-07-01 00:42
「時代遅れ名教育方針」
at 2011-05-15 08:50
Holiday ~Hawai..
at 2011-05-11 04:38

メモ帳

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
ほんの木 柴田敬三の「集...
英国からのヒーリング便り
競争のない教育と子育てを...
Cafe Bleu @ ...
私を知る/シュタイナー思...
DOWN TO EARTH 
なまけものってすごい.....
うおぬまの毎日♪ Exp...
Kayo in England
ハワイ Mother N...
いずみの学校 高等学園通信
いまのところWALES
ことばの広場
831cafe
※おいしいかどうかは保障...
DTE
ハッピーハワイ
バーミンガム素描 ~Oh...
BRIDGE いずみの学...
Drothy in th...
子育てって大変?シュタイ...
ペれほぬあめあハワイ島プ...
TEENAGE CHEF
便利屋日記

以前の記事

2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧