子供を観る  Child Study

Receive a child with reverence.

Educate a child with love.

Send them out with freedom.


毎週の会議で、必ず議題としてある、Child Study。 会議全体の30%の時間を、このチャイルドスタディに当てる。

一週間、気になる生徒を全員で観察し、次の週、観たことを話し合いの場にもちより、生徒についての話をする。

チャイルドスタディーの時間は、指導者はまず、深呼吸をして、上にかいた
言葉を全員で言ってから始める。

ロジスティックな事柄を話すときとはまったく違う空気が
部屋中にただよう。


まずは、担任がその生徒の生い立ち、今までの生活暦、学習暦などを淡々報告する。
そして、それが終わると、だれと言うこともなく、生徒について観察し、見えたことを話し始める。

それはまず、身体的な特徴からはじまる。

歩き方、身のこなし方、立ち方、腕のふりかた、姿勢、話すときの視線、口やめの表情などなど、指導者が授業中、休み時間などで、見えたことがらを言っていく。

その後、各教科での授業態度、学習程度、家庭での生活態度などについて話される。

そして、具体的に、今抱えている問題についてふれ、どういったサポート体制が必要かみんなではしあわれ、場合によってはもう一週間観察する。


まだまだ、シュタイナー教育の現場に入って新たしい私は、カレッジでこのチャイルドスタディーを学んではきたものの、実際体験してみると、指導者の子供達へ対する心が深いことにいつも感動する。それは、一人の人間としてその生徒を尊び、愛をもって育もうとする姿勢にほかならない。

最初にかいたVERSE 

Receive a child with reverence.

Educate a child with love.

Send them out with freedom.


こどもを敬意の心をもって受け入れ

愛情をもって教育し

自由にはばたけるように送り出す



どたばたとした日常の学校教育のなかでも、少しの時間でも、自分自身を切り替えて、
慈しみをもって人を観るということは、自分自身の指導者としての資質やあり方を問う場でもあると思う。

奥が深いな~
[PR]
by naoko-ohana | 2010-02-14 01:37 | シュタイナー学校


Welcome! to my ohana


by naoko-ohana

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Welcome
日々徒然に
北カリフォルニア
ハワイ
文化、言語教育
シュタイナー学校
絵本と文庫
食べもの

タグ

(130)
(77)
(60)
(55)
(55)
(48)
(47)
(43)
(33)
(30)

最新の記事

Ready for summ..
at 2011-07-15 01:02
日本滞在記
at 2011-07-09 08:01
久しぶりの日記更新・・・人生..
at 2011-07-01 00:42
「時代遅れ名教育方針」
at 2011-05-15 08:50
Holiday ~Hawai..
at 2011-05-11 04:38

メモ帳

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
ほんの木 柴田敬三の「集...
英国からのヒーリング便り
競争のない教育と子育てを...
Cafe Bleu @ ...
私を知る/シュタイナー思...
DOWN TO EARTH 
なまけものってすごい.....
うおぬまの毎日♪ Exp...
Kayo in England
ハワイ Mother N...
いずみの学校 高等学園通信
いまのところWALES
ことばの広場
831cafe
※おいしいかどうかは保障...
DTE
ハッピーハワイ
バーミンガム素描 ~Oh...
BRIDGE いずみの学...
Drothy in th...
子育てって大変?シュタイ...
ペれほぬあめあハワイ島プ...
TEENAGE CHEF
便利屋日記

以前の記事

2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧